ハッピーエンド目指して只今カナダで修行中なへなちょこフェアリーのお話♪
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

真央ちゃん、やったね!

フィギュア・スケートNHK杯、浅田真央ちゃん優勝!わーい!おめでとうございまーす!

最後に思わぬハプニングをして、「あー!」と、すーぐ表情が和らいじゃうのも、カワイイ♪

先日のPGシリーズ、フランス大会では課題を残したジャンプも全部成功させてきたありも、サスガ!

今回のフリー・プログラム『仮面舞踏会』の振り付けは男子並みの高度だといわれているけれど、

あたしは、去年のフリー・プログラムもすっごくよかったと思うし、個人的に大好きでした。

難しいジャンプなはずなのに、ひょーい♪というふうにしか見えないジャンプも、

かーなーりー激しいストレート・ラインも、ジャンプで終るラストもとっても印象的。

真央ちゃんの、のびやかさというか、まっすぐな素直さとかおおらかさとか、「かわいいなぁ」と思うだけでなく、「こういう人になりたいな」と思えるくらいに、本当にキラキラしているんだよねぇ。

トップ・アスリートだから勿論負けず嫌いなんだろうけれど、彼女は他人に対してガツガツしている負けず嫌いではなくって、ひょいひょ〜い♪としつつも、いつも自分自身との闘いの中に居るかんじ。

背負っているプレッシャーは、とても大きなもののはずなのに。

そんな真央ちゃんには見習うべきところが沢山あるんだな〜(^^)

ガーデン・マーケット
 3連休の間に、エルフのご近所の公園で開催されるガーデン・マーケットに行ってきました。
ガーデン・マーケットとか、屋台とか、すきです。
ふらふら〜としながら、可愛い掘り出し物を見つけたり、寒空の下でほくほくB級グルメな美味しいものを食べ歩きするのは、とっても楽しい。
素敵なものが揃っているデパートよりも、素敵なものとの出会いを探しながら歩くことのワクワク感なのかな。


あたし好みのフレンチ・カントリーな雑貨屋さん。優しい素材で雰囲気がとてもあたたかい。


森の木をうまく生かして、ディスプレイしている。
エルフも、「自然を生かしたマーケットっていいよね」と一言。


公園の隅に、無造作に置かれていたレイン・ブーツたち。そういうのがいい。


楽譜とかアンティーク調なものが沢山あって、想像が膨らむのです。


古本を物色しているエルフ。他にもペーパー・クラフトのお店にも興味深々のようでした(笑)


やっぱりキャンドルのある風景には自然と足がひかれてしまうようで。
電気のある今、生活必需品ではないけれど、ロマンティックなキャンドルは心にとっての必需品というべきか。


ふわふわのルーム・ソックスを物色中のワタクシ。


雑多な中に宝物が転がっているかもしれないと思うと、ワクワクしちゃうわけで。
可愛いお店がいっぱい並んでいて、とっても楽しかったです。

☆お知らせ☆
ここのブログをはじめた頃から遊びにきてくれているももちゃんと、ももちゃんの大切な彼女さんであるきいさんとのブログ、『Life!』をリンクに新しく貼りました。
8年と長いお付き合いをされているお2人ですが、新婚ホヤホヤのようにラブラブなお2人です。
見ていて、幸せ気分になれること間違いナシなお2人のブログですので、是非是非遊びにいってみてくださいね〜(*^_^*)
本当に素敵なカップルさんです!(。・_・。)
随分ごぶさたしちゃいました。
 忙しさにかまけて更新をおサボりしてしまっていたらいつの間にやら11月も下旬!?
きゃー!
この間、コメントをくださった方や、更新ナッシングのブログに遊びに来てくださった方、
本当にありがとうございます&ごめんなさい。

そういうわけで、あまりにも久しぶりなので、ちょっとした近況報告ナド。
あたしもエルフも、忙しいながらも、毎日元気にやってます♪
そして、おかげさまで、やっぱり仲良しラブラブな日々を送ってます♪
・・・って、これじゃーあまり近況報告ってかんじでもないですね(^^;)

うーん。
お芝居を観に行ったり、エルフとちょっとばかし遠出してみたり、テストを受けたり、テストを受けたり・・・してました。

あっ!もう一ヶ月近く前のことになりそうですが、今年のハロウィーン。

デビルになってました♪



ナチ将校みたいな格好をしている友人と。
「軍隊もファシズムも大嫌いじゃ!」とか言いながら、
この日は「時はヴィシー政権下のフランス・パリ。ドイツのナチ将校とムーランルージュのダンサーのお話みたいなかんじで〜宝塚風に〜♪」
とかいいながら、結構ノリノリなかんじでした、はい(苦笑)
ブロンドのボブのウイッグを被るのが、なかなか楽しくて、はしゃぎまくりなあたしでした(爆)
そうそう☆
近くのケーキ屋さんが、「仮装で来店されたお客様にはホールケーキをプレゼント」みたいなイベントをやっていたので、ケーキの為にこのまま街に繰り出したりも(爆)

元気があれば、なんでもできる!!!(笑)

こういうイベントは楽しんだもの勝ちだもの!( ̄‥ ̄)=3

しかーし!女子高生の仮装をして、煙草を吸っていた友人は、
途中補導員のおじさんに、補導されそうになっていたりも・・・やっぱり程ほどが大事?(苦笑)

あとは、そうですね〜。
フランス語、頑張ってる今日この頃です!
先生がベルギー人の方で、とってーも可愛い先生なのです♪
もう50代くらいだと思うのですが、アンネ・フランクとか、『レオン』のナタリー・ポートマンみたいな可愛さで、性格も、もうめちゃくちゃ可愛い楽しい先生なのです。
そんな可愛い先生は、フランス語・英語・ドイツ語など5カ国語を話し、国連職員として世界中で働いていたという、正義感の強〜い、優しい方なのです。
もう大好き!
そういうわけで、毎日フランス語をお勉強しているのですが、とても楽しいです。
フランス語は一般的に、文法が難しいといわれているけれども、やっぱり好きこそものの上手なれで、文法も発音も、割といい感じに進んでいる・・・かな?(^^)
そうそう!フランス語を英語で授業しているのですが、最近気づいたのは、日本語で学ぶよりフランス語は英語で学ぶほうが理解しやすいと思うのです。
やっぱりルーツが似ているからかしら?
例えばフランス語の「de」は、英語の「of」に当るんだけれども、「de」と「of」の比較から理解すると、すーっと頭にすんなり入ってくるんですね。これは、最近感動している実感です。
でもまぁ、フランス語は英語に較べて前置詞も多いし、やっぱり英語より断然難しい・・・!?
とりあえず、カナダの公用語でもあるわけだし、せっかくだからカナダにいる間にフランス語もマスターできたらいいなと密かに企みつつ、これからフランス語も継続してやっていこうと思っています!

とりあえずは、そんな毎日です。
色々あるけれど、エルフが隣に居てくれて、いつも居場所を与えてくれているから、
前へ進むための一歩一歩を、ちゃんと歩んでいこうと思える、そんな毎日。
衝撃の事実!?
エルフに似ていると思うモノを見つけるのが得意です。
だって恋しちゃってるだも〜ん(笑)


例えば、MIND ASSASSINの奥森かずい、とか。
マインド・アサシンは、好きな漫画ベスト3にははいる、大好きな漫画。
深くて暗いんだけれど、でもどこか救いもあって、中学生のとき夢中になって読んでいました。

 

ストーリー:第二次世界大戦中、ナチスドイツによって造られた暗殺のための超能力者「マインドアサシン」。 「マインドアサシン」とはその名の通り、命を奪う暗殺者ではなく「記憶と精神を壊す者」である。 戦争が終わり、約50年後の日本…とある街角に「奥森医院」という看板が立っていた。 看板には「精神と記憶に関する相談受け付けます」の文字… その医者こそ、奥森かずい、日独クォーターの3代目「マインドアサシン」であった。 彼は「暗殺のための力」を持つ自分に悩みながらも、同居人である「虎弥太(こやた)」に支えられ、「マインドアサシン」の力を自分のもとを訪れる心に深い傷を負った人々を癒すために使い続ける。


憂いのあるかずいのルックスもだけれど、穏やかで優しくてちょっとお人好しで、自己主張をあまりしないところも、なんか似てる(笑)
MIND ASSASSINはお勧め漫画です。


眼鏡をかけたら、なんとなく名探偵コナンに似ているかな?


子供のコナンには似ているのに、大人のコナンにはそんな似ているとは思わない。
不思議。


本人はちょっと怪訝な顔をするけれど、ちょっとムスカに似ていると思うときも・・・ゴメン!(笑)



そして最近、すごーく似てると思ったのはコレ。


続きを読む >>
癒し2
キャンドルに火を灯して、静かに静かに明暗の揺れを眺めて過ごす。
時間にともなって少しずつ溶けていくキャンドルとともに、
心の中のグラデーションが少しずつ少しずつ、柔らかくなってゆく。
眠れない夜。
心に静寂をおとしたい夜。


【小さな小さな自分だけのカテドラル】


【火の灯りの揺れる様に教えられることがあると思う】


【純粋無垢な綺麗さはいらないけれど、天使たちの優しさに触れたくなるのは何故?】

人生に大事なアイテムのひとつに、キャンドルがあると思うあたしです☆
癒し
リンクしていただいているSAI−YU★記さんのHPで、以前チラッと出くわした音にすっかり魅せられて、すぐCDを購入したという…それはそれは美しい音たち。

我々楽 official web site ー月の遺ー(ぽちっ☆)

すべてのトラックが月をイメージされている『月の世』というアルバムは、
お月様のみえる夜も、お月様のみえない夜も、あたしを救ってくれるのです。

瞳を閉じて、月光を浴びながら、平面世界から宙の世界へと旅立つとき、
たとえ一瞬であったとしても、
宙と月の間を彷徨うただの微粒子になれる気がして、
泣くとか笑うとかの感情でなく、すべての存在とあるがままに調和していくかんじ。

そんな感覚に捕われていたい夜もあるのです。

想い描く夢
ちょっと前に、靴を買いました。
柔らかい一枚革のとっても履きやすい靴。



自分に合う靴を見つけるのって、結構大変です。
あたしの足は、なんでもダンサーによくあるらしい骨が踝の辺りにあって(苦笑)その骨が硬い革に当ると痛くてとても歩けなかったり、靴擦れや水ぶくれが出来やすいとても軟弱モノな足なので、ほーんとまいっちゃうのです。
そんなかんじなので、勿論靴選びの時は、素材が硬くないかとかちゃんと足に馴染む素材かとか、色々厳しいチェックが入るのですが、
ひとつ大事なことに「想像力」というのもポイント。
「素敵な靴は、素敵な場所に連れていってくれる」という古い諺じゃないけれど、
その靴に物語性を感じられるか、どうか。
例えば、上記の靴だったら、いかにも森の中の小さなお家に住む職人気質の小人達がせっせせっせ、と作ってくれた感じがしません?(笑)
メルヘンといえばメルヘンですが、そういう想像力のディテールを、日常の中で大事にしていたいなぁ、なんて思ったりします。

まさにそういう生き方で、あたしにとってひとつの憧れである人生に、
ターシャ・テューダーのような人生があります。
残念なことに今年亡くなってしまいましたが、本当に素敵で可愛いおばあちゃんでした。
自然を愛し、動物を愛し、絵本を書いて、ガーデニングを楽しんで、自給自足をしながら豊かな想像力やアイディアを思う存分生かして、人生を彩り豊かに心優しく静かに過ごした人。



やっぱり、いいなぁ。
こんな生活をエルフと出来たら、最高だろうなぁ。

☆お知らせ☆
リンクに、Saoriさんのブログ『There There』を貼りました。
センス抜群な音楽や本のレビューなど、可愛くて、とても楽しくなっちゃうブログです。
是非是非、遊びに行ってみてくださいね♪
エモーションとロジック
エモーションをコントロールしつつロジカルに話す事と、
エモーションとロジックを切り離して話す事とは、根本的に違うと思う。

強いエモーションが心の奥にあればあるほど、言葉はより冷静なロジックになる。
心底変えたいと思うのならば、より多くの人を説得しなきゃ、何も変わらないから。
感情的にどうでもいいコトなら、どうでもいいロジックにしかならない。
それとも、ロジックのためのロジックを楽しむために、機械にでもなる?
人間が、人間である限り、エモーションとロジックは、切り離すことなんてできない。
エモーションがロジックを生み、そしてロジックがエモーションを生む。
そこに、何かを変えるエネルギーが生まれる。
だから人間は、機械になってはいけない。

今日何処かで、一人の子供が、ゴミのように使われ殺されたのだとしたら。
本気で怒って話をしたっていいじゃないか!
「サード・ワールドという言葉は良くない」という連中が、第三世界について、「ロジックとエモーションは切り離して語る」という。
結局、人間として生かしてもらえない子供達を作っているのは、マシーンになってしまっている大人達だ。
時には冷静な顔で、時には穏やかな顔で、平然とロジックとエモーションを切り離して語る大人達だ。
もっと怒っていいじゃないか!感情的になったっていいじゃないか!
世界はそう簡単には変わらないけれど、でも今日何処かで、あまりにもひどい扱われ方で小さな子供がゴミのように殺されてしまったのだとしたら、
本気で怒って、本気で語ることくらいしたらいいじゃないか!
それすらしてもらえない死なんて、悲しすぎる。

人の偽善を見ては、自分の偽善に、吐き気がする。
第3世界の現実は、目を覆いたくなるくらいに残酷だけれど、
まったくこっちの世界だって、同じくらいにシットな世界だよ!
いや、シットな世界が搾取して作る世界だから、サード・ワールドがシットになるのか?



神様なんていないよ、悪いけど。
エモーションを押し付けすぎて理不尽だったばっかりに、ロジックによって殺されてしまった神様が創ったマシーンたちが、賢そうなふりして不幸を大量生産しているこのファッキン・ワールド。

正直、今何ができるわけでもないけれど、本気で怒って、語ることくらいはできるはずでしょ?
アカデミアとかじゃなくって、西洋と東洋じゃなくって、先進国と途上国じゃなくって、
ただ人間として、本気で怒って、嘆いて、語ることくらいしたっていいはず。
憧れテクニック
朝夕の空気もだんだん涼しくなってきて、いや〜秋です♪
秋の気配を感じると、あれしたいこれしたい♪と急に俄然やる気の出てくるアタシ(笑)
ってことで、春に模様替えした際に手付かずだった空間をアレンジすることに。
エルフにホームセンターに連れていってもらって、木の素材の棚をとりあえず購入。
しかーし☆
子供の頃から図工の作品をマトモに作ったこともなければ、今にも崩壊しそうなトンデモナイ代物をおずおずと先生に差し出しつづけ、語るに及ばずな散々な成績を取り続けたワタクシ・・・。
えぇ・・・釘もまっすぐ打てません。
一方エルフは、アメリカのパパもビックリ!?なD.I.Y.できちゃう彼女。
次第に自信喪失してゆくあたしの隣で、瞳を輝かせて工具や素材を物色してました(笑)
んー、やっぱり自分にないものを相手に求めるっていうの、あるよね。
あたしは、エルフの手先の器用さに、強い憧れを抱いてマス!
だってゼロから物を作り出すのってすごいし、出来上がっていくプロセスも魔法みたいにワクワクしちゃうし、何より物を作っている彼女の姿はとても頼もしくセクシー。
ドキドキしちゃうんだなぁ(*^_^*)

でも、今回は実家なので、エルフに手伝ってもらうわけにもいかず、
あたし、自分で頑張りましたょ!
っていっても、ネジで固定するだけなんだけれど(^^;)
結果、あたしは釘はまっすぐ打てないけれど、ネジならなんとかうまくいくことが判明!
これからは、断然ネジ派でいきます!!!


右の木棚を自分で取り付けました♪えへへ。


余って勿体なかった空間に、CDとアイビーとアロマ・キャンドルを置いて見せる収納。


アースカラーの帽子と、綺麗なブルーのバスローブも敢えて、見せる。
お洋服なんかをワザと出して見せるっていうのは、ある本に書いてあったテクをパクリ☆
でも、シンプルなお部屋に色が出て、ちょうどいいみたい。お勧めデス。

お部屋アレンジするの、楽しい〜。
エルフと一緒に暮らし始めたら、色々したいことがイッパイで夢が膨らんじゃう♪
まだ先のことなのに、お家を見たり、インテリアを見たりしては、お勉強しているあたし達なのでした(笑)
なんだか、いいね。
携帯変えました。
ついにエルフと同じ携帯会社です!
しかもエルフ名義で、俗にいう「家族割り」っていうあれ?あれです♪
そういうことで、エルフと通話料無料だし、繰越分は二人でシェアできるらしい。
やったね♪
それにしても「家族割り」っていう響き♪
なんか、いい。
嬉しいな〜♪
あたし達は法的に家族になることに、すごく拘っているわけじゃないんだけれども、
家族であることで社会的に受けられる恩恵って、やっぱり色々あるんだろうなぁ。
ほんの数十分のことであれ、ふたりが「家族」としての手続きをすることが、なんだかとっても嬉しかったのでした。



エレンとポーシャのウエディングセレモニー。
なんだかいつもより、ずっと羨ましく感じちゃうぞ!(笑)
エレンとポーシャの幸せいっぱいの笑顔。
「家族になる」って、やっぱりいいもんだね。
続きを読む >>