ハッピーエンド目指して只今カナダで修行中なへなちょこフェアリーのお話♪
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< セルフ・プロデュースしてみました☆ | main | ちょっと意識する。 >>
Alicia Keys 『No One』
知らないうちに小さなストレスを溜めちゃったりしてマス。
会社という場所は、やっぱり大変ですね。
頼みやすいからという理由で、上司から負担がどどーんと来るのはまだいいの。
少しアンフェアだよー!と思いつつも、その分他の子達よりお給料ちょっと多めにいただいてるし、まだ割り切れる。
割り切れないのは、お客様や得意先だからという理由で、飲み込まなければならない横暴な要求とか、理不尽な主張ね。
こちらに落ち度がないのにもかかわらず、相手の無茶苦茶なクレームに対して、ただただ謝ればいいみたいな事って、なんか出来ないのです。
勿論喧嘩をしたりはしませんが、とりあえず説明をキチンとして、できる事とできない事やこちらの正当性などを全く主張せずに、飲み込むっていうのはチョット・・・。
ビジネスマンの常識からしたら、あたしが子供なだけなのかもしれないけれどー(笑)
でも、「お客様は神様」でキチンとした道理に沿って対応をしないから、モンスター・ペアレントやモンスター・ペイシェントみたいな輩が蔓延るんだぞ!と思ったり。
あたしが甘ちゃんなのも、わかる。
みんなきっと多くの傷を作りながら、理不尽を飲み込みながら、働いてるんだよね、家族のため、生活のため、と。
だから、あたしが子供なのは分かってる。
でも、心の何処かで納得できない自分がいるわけで。流せない自分が居るわけで。
上手に流して、うわべで謝って穏便に済ませて、理不尽を飲み込むくらいなら、
大人になんてならなくていいやー!なんて、ひとりごちてみたり。←本当、コドモね!
飲み込むことも大事なのかもしれない。
けれど、あたしにとっては飲み込まないことも、すごーく大事なわけで。
きっと飲み込んでしまったら、あたしがあたしで居られなくなるようで怖いのかも。

そんなかんじで、小さなストレスを溜めて帰ってきた夜に聴いてます
Alicia Keys『No One』



一人ぼっちの部屋のドアから一歩外に出ると、
かなり安定しているようで、その実ひどく不安定なあたしは、
エルフの腕の中で、
自由に不安定になりながら、どうしようもなく安定していられるわけで。

No Oneを聴きながら、そんな事を思いつつ、少しずつ自分の心の棘を抜いている夜。
スポンサーサイト
初めまして。
お早う御座います。スコールと申します。

うーん…。そうですね…。
日本の古来からある、礼儀を重んずる。これらを失ったのでは無いかと思います。
とは言うものの、
私も抜けた所が在りますから、
イカンともしがたい(笑)。

フェアリーさんは、ちゃんと自覚されているじゃないですか。

自覚の無い人が多いの中…。


うーん…(言葉を考え中)。

フェアリーさんは、これから色々と、
壁やハードルが多々あると思います。
そのたびに悩み自身に問う事でしょう。

ただ中々。他人様の心情を知る機会がない時は、
この言葉を思い出して下さい。
《善や正義は、自身の胸の奧にいつも在る。》

社会人になり、
何年か経つと若かりし頃に、
大切に持って居た善や正義。
見事に潰されます。
フッと振り返ると、若かりし時の自身に『何やってんの?。』
と問われ落ち込みます。

でも、仕事や給料は“我慢料”みな我慢して我慢して、
生活して居るわけです。

愛する人を守るため、
砂を噛む思いで我慢します。

そして、フェアリーさん。
仕事以外で愛する人と過ごし解放されれば、
曇りガラスがクリアーになるのです。

初めましてなのに、偉そうで申し訳御座いません。

ただの呟きでした。失礼致しました。
SQUALL | 2008/08/22 8:20 AM
☆スコールさんへ☆

はじめまして♪ようこそいらっしゃいませです☆
そして素敵なコメントを本当にどうもありがとうございます!とっても嬉し〜デス(^^)

そうですね、ご指摘の通り最近礼儀とかモラルとか思いやりとか、これまで常識として当たり前だったことが急速に廃れてきているのをすごく感じます。
あと余裕なくイライラしている人とか。
あたしもヌケた人間なのですが・・・いやはや(^^;)

そうですね、あたしは結構色んな壁にぶつかったり、もがいたりしながら、学んでいくタイプなので、これから先もそうなんだろうなぁと思います。
それにかなりアバウトなくせして、どこかですごーく頑固だったりするんです(苦笑)
だからね、これはもう仕方ないなぁ・・・性分よね・・・と思ったりもします(^^;)

スコールさんのお言葉は、とても深いですね。
ご自身の経験や苦悩や壁に、真摯に向き合って来られた方なんだなぁ・・・とお見受けします。
言葉にすごい重みとパワーがあるんですね。

そうですね、普遍的で明確な善や正義は未だに分からないのですが、ただ自分の中にある、ある種のポリシーがあって、そこはやっぱり見失いたくないという思いは強いです。

>社会人になり、何年か経つと若かりし頃に、
大切に持って居た善や正義。
見事に潰されます。
フッと振り返ると、若かりし時の自身に『何やってんの?。』と問われ落ち込みます。

衝撃を受ける言葉で、心にガツンときました。
うーん、なんていえばいいんだろう…。
善や正義っていうのも、多様だと思うのです。
人によっても、そして時間の流れによっても変化するものなのかもしれない。
この世界に「絶対」は、無いように思います。
スコールさんのおっしゃるように、愛する人を守るために砂を噛む思いで我慢する・・・というのも、それはやはりある種の正義であり善だと思います。
何よりもまず、あたしは、日々を一生懸命生きている人には頭が下がるという気持ちがあるのです。
うーん・・・なんていうのか、過去の自分の正義や善と今現在の自分の正義や善が違ってきていて、過去の自分から責められることがあったとしても、一番大事なのは今の自分自身に嘘をつかないで生きることなのかなぁ…と漠然と思ったりします。
あぁ、あたしなんかが言える事ではないのですが!
ただ常に自分自身と向き合いながら生きることだけはしてたい、とそう思うのです。
そしてスコールさんのお言葉から、スコールさんはそういう生き方をされている方なんだなという事がとても感じられます。

愛する人との時間は、本当に解放ですね(*^_^*)
愛する人の存在や、共有する時間が、どんなに世界との距離間を穏やかにしてくれるか。
本当に本当に感謝なのです。

偉そうにだなんて、とんでもないです!!!
ストレスがふっとぶくらいに、重みとパワーのある言葉をいただいて、すごく有難いです(*^-^)
あたしは、人から教えられることや話すことから学ぶこと、好きなんです。
特に、真摯に向き合って、そこから導き出された経験の知恵やその人なりの哲学や考え方に触れると、心から頭が下がるし、是非学ばせてもらいたいと思うので、そんな謝らないでくださいねー!
寧ろ、本当にありがとうございました!
これからも色々あると思いますが、その時その時一生懸命向き合っていこうと思います!

スコールさん、もしよろしかったら、また是非遊びに来てくださいねー♪
本当にどうもありがとうございます(o^∇^o)ノ
fairy | 2008/08/22 11:35 PM
フェアリーさん。
コメント有難う御座います。


実を申しますと、
先日のコメントを、書くかどうか迷いました。

経験しないと人は実感しませんし、
経験し吸収し、それが実感として生かされます。

人それぞれの捉え方も在りますけれど、

フェアリーさんのコメントを拝見し、

フェアリーさんが、背負われて居なくて安堵してます。

私は、フェアリーさんへ、
気付いて貰うためフェアリーさんの隣へ置くような形に、
コメントを差し上げた次第です。

《気付きのコメント》
と思って頂ければ幸いです。


追伸。

チラチラと、
ブログを拝見居たします。

SQUALL | 2008/08/24 11:56 AM
☆スコールさんへ☆

こんばんわ!こちらこそお返事どうもありがとうございます。

そうですね、経験…あたしに足りないものは沢山あるけれど、経験の足りなさというものは大きいような気がします。
それはある種のコンプレックスでもあって。
あたしが日常を一生懸命生きている人には頭が下がるというのも、そういう所にあるんです。
例えば、あたしが本を沢山読んで、論文書いて、発表して、たとえ評価されたところで、10年間エルフが一生懸命汗水足らして働いてきた経験から学んだ実感から発せられる言葉の比重には全くもって値しないというような。
それは常々あたしが持っているコンプレックスですし、うーん…そうですね、背負っていないというのも、そういう所である種の気楽さがあって、それはスコールさんやエルフからすると、本当に子供というか、甘い!の一言だと、自分でも思うんです。
ですから、そうですね、これからの経験の中からぶつかるものや自分自身に、まっすぐ向き合っていこうと思います。
そのスタンスだけは、今までもこれからも、変わらない、変えない、と強く思います。

<<気づきのコメント>>ですね!
そうですね、経験もそうだし、誰かのコメントや話や本から追体験して、何かに気づくことも多いと思いますし、対話というのは大事に思います。
ひとつの話にはひとつの学びがある、と。
本当にありがとうございます(^^)

はい♪チラチラと、また遊びに来ていただければとっても嬉しいです♪
fairy | 2008/08/24 8:56 PM
社会人3年目の私ですが…学生の頃一度も感じなかったストレスを実感したのは社会人になってからでした。
本当、理不尽なことを言ったり矛盾しまくりの客はたくさんいますね。
東京支店に1年程いたんだけど、東京にいた時より東北のお客の方が私は合ってるみたいだけどそれでもやっぱりびっくりするようなクレームを言うお客はたくさんいますね。
お客とは大体仲良くなるんだけど、たまに「え?!」と思うことを言われますが、謝りますね。ただ、やっぱり私も子どもなんでしょうね。謝りながらも自分の考えは主張します(笑)きっと主張がしつこいからかもしれませんが、今のところその主張を聞いて下さるお客が多いので嬉しいです★まぁ謝るのはどんな理由だろうが不快に思われる何かがあったことには変わらないのでその事に対して謝ります。
うちの会社はメーカーなので実際のお客とはあまり接しないからか、うちの会社自体も甘いんですよ。上司からは「悪くなかったら謝らなくていいから。お前はそのまま行け」みたいな(笑)
こんな調子じゃ他の会社でやっていけないだろうなって思います。
お客にも意外と熱意は伝わるもんだなぁとは思うけど、やっぱり悔し涙は何回か流して彼女にヨシヨシしてもらいました。
辛いけど、色々な人とのコミュニケ―ションを取る経験が積めると思えば厳しい社会の中を頑張って生きるのもまた意外と楽しんでるももなのでした!

フェアリーさんだけじゃなく、ここにも「大人になんてー」っていじけてるコドモはいるので安心して下さい(笑)
もも | 2008/08/25 10:35 PM
フェアリーさん、
ももさんのコメントを拝見し思いました。
フェアリーさんは、幸せですね。
エルフさんは勿論、皆さんにも愛されてますよ。

それぞれ形は違えど皆さんが歩いた道を、いまフェアリーさんは歩かれています。
だからコンプレックスに感じる事は無いのです。

そしてフェアリーさんを子供とか甘いとか、
皆さんは思ってませんよ。
無論私もです。

皆さんが歩かれた道。ちゃんとエルフさんも、その先で待ってます。

追伸。
私が申し上げました、《背負う》の意味は、
私が発した言葉がフェアリーさんの重荷に、なってやしないか気がかりでした。

フェアリーさん、
ももさん、
差し出がましく申し訳ありません。
SQUALL | 2008/08/26 12:38 PM
☆ももちゃんへ☆

やっぱり社会人って、大変なんだよね。
よく「長いモノには巻かれろ」とかそういう表現あるじゃない?
会社に限らず世間っていうのは、案外そうなのかもしれないけれど、でも会社って結構顕著にそれが見える気もします。
でも、ももちゃんは、偉いね。強いなー!
お客さんになんらかの形で不快な思いをさせたから謝る、でも主張はちゃんとする、って、本当の意味での大人の対応っていう気がします!
社会性という意味でも、個人の信条という意味でも、成熟してるやり方よね(^^)

それにね、きっとももちゃんのことだから、普段から誠実で一生懸命で、信頼をきちんと築いているんだと思う!
だから、上司や周りのお客さんたちも、「このコの話を聞こう」って思えるんじゃないかな?
やっぱり人間関係っていうのは、日々の積み重ねだとあたしは思うの。

そっかー、彼女さんにヨシヨシしてもらってねー♪
わかるなー(*^_^*)
そうして、また社会でバリバリ生きる、元気と勇気をもらえるんだよね!

>辛いけど、色々な人とのコミュニケ―ションを取る経験が積めると思えば厳しい社会の中を頑張って生きるのもまた意外と楽しんでるももなのでした!

そうそう、先にも書いたけれど、「経験」っていう目線って、人生を豊かにして、人を強くさせるよね。
たとえネガティブなことだって、「経験」という視点で見れば、随分心が救われるって思います。
あたしは、結構若い時からつらいときには、そういう視点で乗り切ってきたので、ももちゃんの言ってること、すごくよく分かるよ(^^)

あはは、ありがとう(*^_^*)
大人という視点も、子供という視点も、どっちも持ち続けていられるのは、実は幸せなことなのかもしれないね(^_-)-☆
fairy | 2008/08/26 11:41 PM
☆スコールさんへ☆

スコールさん、ありがとうございます!
本当にあたしは、幸せだと思います。
エルフやリアルな友人たちは勿論ですが、ここに遊びに来ていただいている方達も、本当にまっすぐな心や言葉をくれて、ネット上なんだけれど、でもあっかいものを沢山いただいていて。
そして、スコールさんからも、いっぱいあったかいものをいただいて、本当に感謝しているんですよ!

だって、スコールさんの言葉は、本当にまっすぐだもの!
それに言葉にちゃんとスコールさんの心がそっとのってあるのが、ちゃんと分かります。
それって、あちらこちらで、簡単に見つけられるものではないと思うんです。
本当の意味での「対話」っていうかな。
だから、あたしは、本当にまっすぐ返したいと思いましたし、すごく感謝したんですよ。

えへへ、あたしはまだまだ子供だし、甘いですよ!
それはね、自分でちゃんと分かってるんです!
いや、ホント(^^;)
それに「背負う」のことも、確かに「背負っていない」んです!
うーん、例えば、反骨精神や反論・批判して、権力に対してでもきちんと言うべき事を言うっていうのは、あたしのポリシーであって、そして大袈裟にいうと、あたしの「背負っているもの」だと思うし、そのポリシーと「飲み込む」が対立するからこそ、あたしも悩むんですよね。
でも、そういう文脈でいえば、あたしは「飲み込む」ことで、愛する人を守っているわけでもないし、正直いつでも辞められる場所にいるわけで、
そういう中で、「飲み込めない!ぶーぶー!」と言ってられるのは、「背負ってない」からだと思うし、甘い環境であると自分で思うんですよ。

あ、でも、スコールさんの言葉に重荷になっているとか、そんなことは決してナイので、本当に気にしないでくださいねー♪そして謝らないでくださいね♪

あたしは、対話を大事に思っているので、スコールさんの言葉の本気や言葉から伝わるスコールさんの誠実さや、優しさ、気持ちを、ちゃんと受け取らせてもらっています(*^_^*)
そして、自分なりに吸収してね、咀嚼して、やっぱり事実は事実だと思うし、そこをきちんと見てから、人は進歩していくものだと、あたしは思うのですよ!

スコールさんと、対話すること、とっても楽しんでいるフェアリーなのでした(*^_^*)
ありがとうございます♪
これからもよろしくお願いしますね!
fairy | 2008/08/27 12:04 AM
フェアリーさんへ。
有難う御座います。
フェアリーさんの御気持ちも、しっかりと受け取りました。

ちょっと、お知らせを。
私のブログの書き込み作業がありまして、
こちらのコメントが減る事と思いますが、
消えませんので(笑)御安心を。
一報にて失礼致します。
SQUALL | 2008/08/27 8:14 AM
☆スコールさんへ☆

いえいえ、こちらこそどうもありがとうございます!

スコールさんも、ブログされているのですね!
あたしもなかなか更新が遅いし、日記書くのも苦手だし…と、へなちょこブロガーなのですが、
いろんな方との交流ができるのはやっぱり楽しいなと思って、いつの間にか2年弱です(笑)
またいつでも遊びに来てくださいね!
fairy | 2008/08/27 11:41 PM
フェアリーさん。
へなちょこブロガーだと、苦手だと、と仰るならば2年も続きません。続けたのですから素晴らしい。
SQUALL | 2008/09/01 5:14 AM
☆スコールさんへ☆

いや〜、そんな風に言って頂けると有難いです(^^)
本当、続くのは皆様のおかげだと思います!
感謝なのです☆
fairy | 2008/09/03 11:00 PM
COMMENT









Trackback URL
http://fairyworld.jugem.jp/trackback/258
TRACKBACK