ハッピーエンド目指して只今カナダで修行中なへなちょこフェアリーのお話♪
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< マリーのリアル。 | main | セルフ・プロデュースしてみました☆ >>
木ヲ想フ。
コンテンポラリー・アートを観に、森の近くの美術館まで足をのばしてきました。
コンテンポラリー・アートを観るのって、結構すきだったりします。
シュールすぎて意味わから〜ん!!っていうのも中にはあるけれど、その意味の分からなさが逆に笑えて面白かったりするし。
もうアーティストの名前も忘れてしまったけれど、ニューヨークの美術館にあった作品で、延々と戦争もののテレビ・ゲームの映像と共にジョン・レノンの『イマジン』がかかっている・・・といったメッセージ性の高い作品には、やっぱり考えさせられるし。
今日行った美術館でも、そんな作品が沢山あって、「現代のアーティストって、やっぱり戦争とか環境問題とかに恐怖や警戒心を敏感に持っているんだね」と思わずエルフにささやいたほどでした。
一通り観終わったと、エルフから「どの作品が一番よかった?」と聞かれ、
ある作品のタイトルを言ったところ、エルフも「だよね」と、2人で頷きあった作品がありました。
照屋勇賢 『告知-森』

使い捨ての紙袋の側面を切り取り、その切り取った部分から木を組み立て、元の箱の中に立てる。自然光の下におくと、箱の中の繊細な木のなかに生きている木の強さと存在の証明を見ることができる。(照屋勇賢HPより抜粋)


『ゴディバ』とか『シャネル』の紙袋の中で、大量消費の象徴である紙袋の小さな世界の中で、破壊されながらも確かに、リヴァイヴしている木という存在。
他にも、彼の作品を観ましたが、あたし、この人の作品すきです。
彼の作品は、政治的メッセージを多分に持ちながらも、それだけでは終らない美しいアートであって、そしてまたその美しいアートは、その単純な美しさだけに評価されるべきものではないほどに、強いメッセージがあるように思います。
あたしは、どちらかというと美術に疎いので、純粋な美よりもメッセージ性のある作品がすきなのかもしれませんが、でも逆にいえば、思想なき美は、どんなに美しくてもあまり心を動かされることもないように感じます。
心が動くかどうか・・・彼の作品は、心が動くんです、思考が始まるんです。
リンクに照屋勇賢さんのHPを貼ったので、興味のある方は是非リンクから、どーぞ。

美術館を出た後は、涼を求めて、森の中へ。
森の下で、優しい風に吹かれながら、光と影の揺れる中で、お昼寝したり読書したりしながら、「あぁ、木に癒されてる。守られてるんだなぁ。」って思いました。
木って、本当に優しい。
先日、環境保護のNGOの方から環境に関しての歌の英語歌詞を作ってくれないか?と頼まれて、「あたしなんかでいいのだろうか?」と申し訳なく思いながらも、お手伝いさせていただいて、あたしにできる事ってすごく限られているんだけれども、でもできる事からはじめよう!できる事が目の前にあるのならしよう!っていう気持ちは持っていたいな、と。
エルフとも、「一緒に暮らしたら大きな木を植えよう」って話をして、自分達のできることから、何か少しでも、今日あたし達を癒してくれた木に「ありがとう」を返していきたいなーと思うのでした。
スポンサーサイト
何だかお二人の写真が一つの作品みたいで素敵です♪戦争と平和については宝塚でも舞台のテーマでよく取り上げられてますよね。
セイ | 2008/07/28 12:59 AM
私も面白そうなテーマのものは、たまに現代アートも観に行ってました。
福岡は美術館少なくて。。。
小さいけど、ワタリウム美術館とか好きだったなー。
あと、あれ、えーっと、あぁ出てこない。
MOMAって所、確か、東京近代、、、?そこのレストランおいしいんだよねー。
あと、津田?美術館、野田だっけ?
東京駅の美術館にも行ったなー。

あー東京いーなー☆

それにしても、二人の好きな作品が一緒だったって良いよね。
何か、嬉しいよね。


それにしても、fairyさん、英語の歌詞を頼まれたってすごいですね!
私も、環境とか戦争のこととか、日本社会で言えば孤独な老人とかいじめとか無差別殺人とか、何かしたいと思いながらも行動してないのですごく尊敬です☆

お二人の写真素敵ですー♪
朝の散歩の写真も!
まりえ | 2008/07/29 10:37 PM
☆セイさんへ☆

どうもありがとうございます(>_<)
いつものんびりまったりな二人です(^_^;)
ね、意外と宝塚って戦争とか平和のテーマ多いですよね?タカハナコンビのサヨナラ公演のネバーセイグッバイとかも、すごくいい作品だったと思います(^_-)-☆


☆まりえさんへ☆

まりえさんも、現代アートおすきですか♪
なかなか面白いですよねー(*^_^*)
それにまりえさん、色々美術館巡りされてますね(^^)
そうですねー、本当なら東京より札幌、ニューヨークよりカナダ、みたいに、割と寒くて自然の多い場所が好きなんですけれど、美術館とかは東京とかいっぱいあって、いいなーとは思いますねー。

>それにしても、二人の好きな作品が一緒だったって良いよね。

そうですね。そういうのって、なんとなく嬉しいですよね。まりえさんとcolaさんは、感性がなんとなく似てるような感じもしますが、お二人とも感受性が豊かそうなので、色々と話題がつきなさそうですよね!

いえいえ、尊敬とかとんでもないです。
本当、あたしなんかで申し訳ないくらいなんです。
でも、まりえさんのおっしゃるように、何か出来ることから、小さなことでもいいから少しずつでも出来たらいいなって思っています。
きっとね、まりえさんが旅をして出会った人々との交流とか、交わした笑顔のひとつひとつが、行動であって、平和の基礎のピースなんですよ。
そういうの、大事にしてたいですよね。

写真、褒めてもらってありがとうなのです(*^_^*)
へたっぴながらに、写真を撮るのはすきなのです。
世界を丁寧に見れる気がして。
colaさんは、素敵な写真を撮ってますよねー。
センスあるなーって思いながら、いつも拝見しています(*^_^*)
まりえさんの、写真も、フォーカスする視点がユニークそうで、面白そう!
fairy | 2008/08/02 11:30 PM
COMMENT









Trackback URL
http://fairyworld.jugem.jp/trackback/254
TRACKBACK