ハッピーエンド目指して只今カナダで修行中なへなちょこフェアリーのお話♪
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 覚書のようなもの。 | main | La Vie en rose >>
Rebirth to Survive
この2週間、本当にいい出会いや刺激や思考やディベートや視点に毎日毎日出会い、まるで生まれたての赤ちゃんのように、水の湧く砂漠のように、脳がスポンジみたく様々なことを吸収していくのが分かる毎日でした。本当に凄まじいエネルギーで。
おかげで、週末は、いい意味で、疲労困憊(苦笑)
これから1年間、こういう毎日を過ごせると思うと、本当にあたしはラッキーだなぁと思うし、勉強を続けることが出来る環境に在るということに感謝なのです。
あたしの通っている学校は、アテネ・フランセのような学校で、年齢も学歴も背景も全くのバラバラで、政治家あがりのおじさんやグローバルに活躍する企業で働く人や、芸術分野での成功を目指している若い子など、本当に多種多様な集団なんですが、みんな、目的意識があって、視野が広くて、マイウェイを突き進んでいて、すごーくタフ、そして本当にいい笑顔を持っている。
「あなた方が日本の善きリーダーになるのです!」と言われて、自分はエリートだ!インテリだ!と勘違いしているちゅまんな〜い政治家ばっかりを輩出している某松○政○塾とは、全然違う雰囲気があって(苦笑)、そこには、自主的ドロップアウトの強い人もいれば、反エリート主義のハーバード卒の教授もいて、なんていうか、本当のインテリジェンスを知っていて、心から学ぶ事を楽しんでいる人達が集まっているかんじ。
集団に対する警戒心が強くて、集団の生み出すエネルギーを毛嫌いしているあたしですが、彼らは「個」を大切にしながら、優しい「和」を持とうとする意思や姿勢を持っているので、居心地がとてもいい。
こういう雰囲気が、日本の小・中・高のクラスの中に作れたら、日本は本当に変われるかもしれない、と思わせてくれる何か、が其処にはある気がしています。
入学式の席で言われたコンセプトに
「どの国の、どんな環境の、どんな状況であっても、予測不可能で、余裕のない、競争原理の激しい現代社会において、生き抜ける人間関係力、コミュニケーション能力、全体を見通す力、発信力のある人材を育てること」
というのがあって、英語でそれをおっしゃっていたのですが、「桜咲く季節」とかありきたりな美辞麗句をすっとばして、生の言葉で本気で語る姿勢に、胸を打たれました。
確かに、ここの卒業生、日本人のいい所も、国際人としての強さも、どちらも持ち合わせている方が多くて、変にアメリカナイズされるのでもなく、変に以心伝心や察する文化を過信する人もなく、すごくバランスのとれた方が多い気がします。
ここでは「rebirth」ということで、イングリッシュ・ネームをいただくのですが、
あたしは小さい頃にイギリス人の父の友人からいただいた名前を敢えて封印して、
自分で「sophia」という名前をつけました。
ソフィアは、智慧や叡智、哲学を意味する知性の女神を表しています。
矢張りこのカオスの時代において、「自分で考えること、自分で行動すること」は、すごく大事な鍵だと思うのです。
この名前を大事にして、これからまた、新しい世界の扉を沢山開こうと思います!
楽しみ♪



どこまでも高く蒼い空の朝に Loopする現実からの出口を求めて
斜めに社会を見ているつもりがなにも 大きな力が見せてくれている幻だと
不意つく言葉に不安を感じてごまかす 卑劣な愛をくれる人で
眠らせてた力を群れの中で光り輝く為 この歌で自分を取り戻す
夜に彷徨う魂に断罪を 意思を曲げない戦士に喝采を
私は歌う 明日のない顔に
自分を信じた今に感動を 同じ心持つ者に成功を
私は願う 明日へ向く顔に

Statusだけに生きる価値を見い出して 甘やかされた時代世代
流れの中でいきがって でも拳を突き上げる人から感じる
前に進もうとする意思から 時は刻まれる
明日につながる新しい絆で変えたい フザケタ鏡を照らす光を
根性は貧弱 満ちた個性ばかりに執着 脱ぎ捨てるちっぽけなPride
夜に彷徨う魂に断罪を 意思を曲げない戦士に喝采を
私は歌う 明日のない顔に
自分を信じた今に感動を 同じ心持つ者に成功を
私は願う 明日へ向く顔に

                 Written by Vo Vo Tau
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://fairyworld.jugem.jp/trackback/232
TRACKBACK