ハッピーエンド目指して只今カナダで修行中なへなちょこフェアリーのお話♪
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

子供番組!?百合界のカリスマ・はるみち

スピーチの際恋人役の子と役作りをするにあたって、ふとセーラームーンに出ていた2人のキャラ、
男装の麗人セーラーウラヌス・天王はるかと、お嬢様な美女セーラーネプチューン・海王みちるの感じはどう?という話になり、〇年ぶりかに見てみました。

美少女戦士セーラームーン

えぇ、何を隠そう・・・あたし達おもいっきりセーラームーン世代なのです!(爆)

そういうわけで、なんか百合っぽいキャラがいたよね〜程度の無防備で淡〜い子供時代の記憶を頼りに、なんとな〜くセーラームーンを再び見てみることにしたわけなのですが・・・。






 見てみて、ビックリ


 お口、ぽっか〜ん


こ・・・これ、子供番組だったよね!?・・・いいの?いいの?こんなのいいの〜!?きゃ〜な展開に、
恥ずかしながら、ワタクシ、まさかのキュン死
だってだって予想の斜め上を更に急傾斜で爆走しちゃうくらいの、はるかとみちるの愛の劇場

セラムン観ていた頃って、あたしはちょうど淡い初恋を迎えるくらいの頃で(相手はやっぱり女の子)、
なんとなく、はるかとみちるの関係にドキドキしながらも気づいていたと思うんだけれど、
でもでも、あの頃はそこまで深読みはしなかったというか、サラリと受け流してたいた台詞も多かったんだもん!

それなのに。あれから十何年・・・ピュアというより大人の階段を登ってそれなりに汚れてしまった今。
流せない!流せないのよ〜!(笑)
いや〜セラムンすごいです。これが土曜日ゴールデンの子供向け番組だったなんてある意味怖い!

と、すっかりセラムン再燃してしまったあたしだったのですが(笑)
それもそのはず、ちょこっと調べてみると、天王はるかと海王みちるって、

百合界のカリスマ

と呼ばれるくらいに、百合界では有名なカップリングだったのですね!納得!
ちなみに、専門用語で「はるみち」とか「みちはる」とかあるらしい・・・詳しくは語りませんが(苦笑)

90年代大ヒットしたアニメだけあって、世界中に配信されていたセラムンですが、
当時まだメディアにおける同性愛に対してシビアだったアメリカでは、はるかとみちるの関係を、恋人ではなく従姉妹として放映していたみたいで、アメリカのファンの間では結構物議を醸し出していた模様。


きゃー!今となっては深読みしちゃう名台詞のオンパレード(笑)
この他にも
「今夜は帰さない」だの「大人のほうが楽しいこと沢山あるのにね」だの、
「みちる・・・僕を置いていくなよ」だの、
子供の頃はなーーんでもなかった台詞が大人になると、もう・・・やんみたいな台詞が沢山あるんです・・・恐るべし、はるみち♪(笑)

でもね、一時的に預かった赤ちゃんをはるかとみちるが切なそうに返しに行くシーンとか、
「このまま親子3人で暮らすのもいいかも」と冗談にならない冗談をいうシーンとか、
なんていうか、ちょっとしたリアルを感じたりもしちゃう場面もあったりして・・・うん。

はるかとみちるって、すごーく素敵なカップルだって思うな。
お互い思いやって支えあって愛し合って、とても強い絆で結ばれていて。

ピュアだったあの頃を遠く感じながらも、あたしも大人になったもんだと実感しつつはまってしまいました、セラムン再び。



さすがに百合界のカリスマ(笑)はるみち、素敵すぎです

なんだか、いいね。
携帯変えました。
ついにエルフと同じ携帯会社です!
しかもエルフ名義で、俗にいう「家族割り」っていうあれ?あれです♪
そういうことで、エルフと通話料無料だし、繰越分は二人でシェアできるらしい。
やったね♪
それにしても「家族割り」っていう響き♪
なんか、いい。
嬉しいな〜♪
あたし達は法的に家族になることに、すごく拘っているわけじゃないんだけれども、
家族であることで社会的に受けられる恩恵って、やっぱり色々あるんだろうなぁ。
ほんの数十分のことであれ、ふたりが「家族」としての手続きをすることが、なんだかとっても嬉しかったのでした。



エレンとポーシャのウエディングセレモニー。
なんだかいつもより、ずっと羨ましく感じちゃうぞ!(笑)
エレンとポーシャの幸せいっぱいの笑顔。
「家族になる」って、やっぱりいいもんだね。
続きを読む >>
ゲイダー注意報
ゲイダーという点に関していえばあたしのゲイダーはなかなか精確だと思ってます(笑)
おかげで、日本でもカナダでも、何気ない日々の中で知り合ったお友達がゲイだったりビアンだったりすることも、ときどきあるわけで。
そういうとき、ピピピと働いたあたしのゲイダーは、ステルスのように、自分はクローゼット状態を保ちながら、相手のセクシャリティーをそれとな〜く探ってみます。
しかして、あたしのゲイダーは精密なのに、一方、あたしのステルスったら、性能悪いのなんのって(^^;)
なんででしょう?何故か、逆にゲイダーにひっかかりやすいアタシ(苦笑)
見る人が見れば、「歩くカミングアウト」そのものなエルフならともかく、あたしがすぐひっかかっちゃうのは、とっても不思議(笑)
実は、今通っている学校に、あたしのゲイダーがピピピと作動中の子がいます。
茶髪ショートカットでボーイッシュな子で、性格も明るくて活発な子です。
入学してからすぐに、「おやっ」と思っていたのですが、最近では割と懐かれちゃって、結構仲良くしてもらってます。
彼女は、ゲイフレンドリーを公言していて、ゲイバーによく一人で飲みに行くらしく、
彼女といると、ゲイの話題がやたらと出てきます。
ね?それだけでも怪しいでしょでしょ?(笑)
そんなわけで、ゲイダー全開ステルス作戦を実行中なあたしだったのですが。
しかーーーし!!!
最近彼女、よくあたしに「レズ」を絡めて話してきたりすることが多いのです。
「フェアリーは、絶対女にモテるでしょ?」(←嬉しい誤解ってもんです!)
中学生時代の友達の話をしたら、「その子フェアリーの事好きだったんじゃなーい?絶対レズだって!どうするー?」とからかって、あたしの反応を覗ってみたり。(否、そのお友達は一点の曇りもなくノンケの子だし!)
そして、彼女自身も、「昔、女の先輩に告白された」とか「よくレズに間違われるんだよね〜」とか、ちょいちょい自分もビアンなの〜的アピールも感じつつ、でも最近付き合い始めた彼氏もいるらしいし・・・ビアンじゃないならバイ?そしてあたしもバレている!?
みたいな、戦々恐々とした駆け引きが、行われているこの頃なのです・・・はふー。
それだけならまだしも、最近、ノンケの男の子にも「フェアリーって、男から言い寄られたりすることある?ってゆーか、男とか興味ないんじゃない?」なーんて不思議がられてしまう始末だし(←確かにありませんが・・・ハイ(苦笑))
やっぱり、フェロモンが女性へと向いているのが、分かってしまうんでしょうか?
わかりやすいのかなぁ?うーん?(~ヘ~;)
あたしのステルス、ほんっと、性能悪いんです・・・あちゃー!
ま、イイコなので、もしバレちゃったら、エルフの事紹介してもいいかなーとも思うのですけれども・・・なるべくなら、バレたくはないなぁ。

ところで、エルフはというと。
会社では、「ラスト・フレンズ」の話題が水面下では結構出ていたらしいのですが(あたしは結局あまり、きちんと観ることはないでした。苦笑)、何故か、皆さん、エルフには、その話題を持ちかけてくることが今までなかったそう。
それで、「あー、みんな観てないんだなー」とエルフは勝手に自己解釈していたみたいなのですが、つい先日、同僚の男の子が「ラスト・フレンズが今会社の中で流行っている」と、話しかけてきたらしいのです。
それだけでも、びっくりしていたエルフだったのに、その同僚の男の子ったらいきなり。
「ってゆーか、エルフさんって、ルカなんですか?」

えぇぇぇぇー?びっくり

なに、その超ストレートな質問?
もうちょっとオブラートに包もうよ!?
それに、「ルカですか?」って、一体・・・!?
エルフはルカじゃありませーん!エルフはエルフだしー!\(;゜∇゜)/
流石のエルフも、慌てて、話を逸らしたそうなのですが、
「考えナシなんだよねー、ほんと。まいる。」と、呆れてました(笑)

そんなわけで、エルフもあたしも、ゲイダー注意報な日々を過ごしております。
クローゼットなみなさまも、十分気をつけてくださいねー!
ゲイダー注意報100%です!?
おめでとう♪Ellen&Portia


エレン・デジェネレスとポーシャ・デ・ロッシがついに結婚ですって〜!
おめでとうございまーす(*^_^*)
エレンもポーシャも、すっごく幸せそうな笑顔で(^^)
なんか幸せパワーをもらえちゃうニュースなのですラブ

結婚かぁ。
皆さんは結婚式の夢とかってありますか?
あたし達は、正直そんなに具体的に結婚式の夢があるわけじゃないかも?
意外や意外!?あたしもエルフも、披露宴とか皆の前で、馴れ初めとか注目されたりするのが苦手なタイプなのです(笑)
親の前でキスとかできないしー汗(←カムもしてないのに)

でも、もし結婚式をするのなら。
カナダの森の中にありそうな、小さくてロマンテックな教会で、
ふたりっきりで。
神父様とパイプオルガンとキャンドルの揺れる炎と白い花の香る中で。
静かな静かな結婚式をしたいなー、なーんて。
それはきっと、もうちょっとだけ先の話。
でも、いつかきっと、ね(^_-)-☆

あっ!でも、プロポーズをされた事が人生でまだ一度もないので、
プロポーズは、おもいっきりロマンティックにお願いしたいものです!(笑)
エレンはやっぱり、跪いて、指輪を差し出してっていう、例のプロポーズをしたのかしらん(*^_^*)
ドラマ『ラスト・フレンズ』
始まりましたねー、ラスト・フレンズラブ
役作りのためにバッサリ髪を切った上野樹里ちゃんに、セクマイのかほりを感じて、やはり観てしまったフェアリーです(笑)
そんな不順な動機で観たのですが、思ったより、ダークでディープなドラマでしたね。
でも冒頭のシーンの長澤まさみちゃんの「人間が人間を知るということは難しい」という台詞に共感でした。うん、このドラマ、見てみよう♪
にしても、ミチル(長澤まさみちゃん)と、ルカ(上野樹里ちゃん)の出会いが、偶然の再会で、しかもルカは密かに高校時代にミチルに想いを寄せていたーという設定は、
数年前にあった『29歳の憂鬱パラダイス・サーティー』というビアンもののドラマを思い出しました。そうです!清水美沙さんが、すごく素敵だった、あのドラマです!
日本のビアンもののドラマって、そういう展開がすきなのかしら??そうなの??(笑)

もしかしてもしかして、誰かに密かに想われていたりしないよねー?なーんて思っちゃうあたしの高校時代は、もうからっきし、てーんでダメ、な高校時代でしたが何か?(笑)
小学校の頃から7年くらい片思いしていたショートカットでバスケの上手い女の子と高校離れちゃって、恋愛の「れ」の字もなく終った3年間・・・とほほ悲しい
否!それだけぢゃぁないはず!と変に意気込んでしまって、卒業アルバムとか開いてみた。

「あなたのギャグには圧倒されました。フェアリーみたいな人にはじめて会いました。天然記念物?」
「フェアリーの天然ボケには、いつもやられっぱなしでした」
「フェアリーはいっつも廊下を走ってたね。あの速さにはとても追いつけません」
「あなたコケすぎ!!!」
「いつもギャグを考えているようだけれど、たまには自分の人生について考えよう」


ん?あれれ?こ・・・こんなはずじゃ・・・ひやひや
しかも極めつけなのがコレ↓。

「フェアリーのこと大好きだけど、レズにはなれないよ!ごめんね(笑)」

って!あたし、クローゼットだったしー!汗
しかも何?この告白すらしてないのに、一方的にフラレちゃってる敗北感!?悲しい
なんかこれぢゃぁ、あたし、「アホで、しょーもないギャグばっかり考えてて、廊下を走ってばっかで、しかもコケ倒して、フラレて終った3年間」みたいじゃん!うわーん!汗
そして、やたらとあたしのアルバムに多い「レズ」っていう文字・・・(爆)
なんでー?なんでー?びっくり
あたし・・・そんなにフェロモン出してたかしら?どきどき!←今更(!?)

はぁ。まぁ、こんなもんです、実際悲しい

ちなみにエルフの高校時代は、同じ路線の電車に乗っている女子高生たちの中に「エルフのファン」が居たらしいデス!
この前お母さんと2人で病院に居る時に、お母さんから聞いちゃったもんね!あっかんべー
そして、初めてのカノジョが出来たのも、高校生のときなんだよねー?
なんか・・・高校生活をエンジョイしちゃってるカンジ!!!

いやはや・・・あたしの高校時代とは大違いデス(苦笑)
うらやましぃ・・・失恋

ま、今、エルフが隣に居てくれるから、それでじゅーぶんなんだけどねラブ
と、今更強がりにしか聞こえないだろうが、ノロケで終ってやるのだーラブ
OUR WAY
先日、エルフのお母さんが白内障の手術を受けました。
その間ずっとエルフが出社前に、送り迎えをしていたのですが、
手術の日の付き添いや庶務の際に、どうしてもお仕事が抜けられなかったので、
その日はあたしが、ピンチヒッターでお母さんの付き添いをしました。
すごく不謹慎なんですけれど、あたしは、お母さんが近くに住む妹や姪ではなくて、
付き添いとして、真っ先にあたしを選んでくれたことが、とても嬉しかった。
そして、エルフが、あたしを信頼して任せてくれたことも、すごく。
なんだか「家族」になれた気がしたんだ。
手術自体は、レーザー手術で数分くらい、術前・術後の診察を含めても6時間くらいの日帰り手術だったんだけれど、ひとまず大成功だったみたいで、眼帯をほどいたお母さんの第一声は、エルフに向かって「あんたの顔のシミがよく見えるわー♪」だったそう(笑)
いやー、よかったよかった♪(苦笑)

で、週末からいつものようにエルフのお家へ。
これから2週間、術後の回復を待つ為にも、お仕事を休んで、ゆっくりしなきゃなお母さん。家事の雑事は、あたしに任せて、本当にのんびりして欲しいところなんだけれど。
あたしが、お料理している間に、この際とばかりに、模様替えなどをはじめちゃって。
ずっと働いてきた人だから、暇を持て余しちゃうみたい。
箪笥なども動かすので、木屑が目に入らないか心配しながら、手伝ったりしてたのですが、エルフの居ない平日、お母さんと2人っきりで過ごす時間、それも「家族」みたいでなんだか嬉しい。
鶏そぼろ煮やお魚を焼いて、「お母さん、お昼ご飯出来たよー♪」というと、
「やぁ、なんだか息子のお嫁さんが居るみたいやわ〜。嬉しい〜♪」と言ってくれる。
内心ドキドキヒヤヒヤしちゃうんだけれど、でも、やっぱり嬉しい。
これが毎日だったら、喧嘩や所謂確執なんかも起こるのかしら?と思い、世の中のお嫁さんもお姑さんも、それなりに大変なんだろうなぁ、と感心しつつも、やっぱり嬉しい。
食後、お母さんに煎れてあげるお茶を、なるべく心を込めて美味しく煎れることにしている。温度や時間に、細心の注意を払って。そんな自己満足ですら、嬉しいと思う極楽トンボなあたし(苦笑)
「毎日続ける」ことが、どんなにすごい事かって分かる。そういう時間を過ごすと、マミーやお母さんや世の中の主婦の方達のすごさが、よく分かる。

ところで、あたしが、お母さんの付き添いで一日病院に居た事や、エルフのお家で過ごす時間を、あたしの両親は全く知らない。
というか、あたしの両親の中に、エルフの存在もお母さんの存在も、ない。
もうすぐ付き合って6年になるのに、そこにエルフもお母さんも、存在しない。
そのことは、時々、とても切ない。
それでも、エルフは、うちのマミーが欲しいといっているCDをプレゼントしてくれたり、お正月にはエルフの手作りおもちをついて、我家に沢山持たせてくれる。
あたしは、別のお友達の名前を使って、両親にエルフからの贈り物を渡す。
おかげで、うちの両親は、すっかりその架空(?)の贈り主に感謝している。
「本当は、エルフがしてくれているのに!」という気持ちも、少なからずある。
それでもエルフは、影の中から、いつもあたしの両親を気遣ってくれている。
そのことが、いつも、申し訳なくて、ありがたい。

昔から、エルフもあたしもこういうことは覚悟してきたわけで(というか、エルフのようなパートナーが出来る事すら想定外だったし)、こういう形でうまくいくのなら、それを貫く、というのがあたしとエルフのやり方だ。
それは一般的に、結婚とも家族とも、いえない。それでも、気持ちだけは、此処にある。
例えば、お互いの親になるべく親孝行しよう、ということ。
すごく自己満足でしかないのだけれど、そういう形ででもつながっていたい。
見えないけれど、でも確かにつながっていると、思っていたい。

エルフには出来ることが沢山あるけれど、存在がないので、出来ないことが沢山ある。
でも、もし存在を許されれば、本当に細やかな優しさで精一杯してくれる人だということを、あたしは知っている。
あたしは、エルフに較べると、正直出来ることよりも出来ないことの方が多い。(現状では!と思いたいですケド・・・苦笑)
でも、存在を許されているので(カムはしていないけれど)、出来ることを精一杯することと、出来ることを増やしていける事が沢山ある。
へなちょこ極まりなく、頼りないし、カナダに居るときは何も出来ないし、本当ダメダメなんだけれど、それでもお母さんが喜んでくれるその気持ちの優しさを、あたしは知っている。

いつか、その見えない輪に、変化が訪れるかもしれない。訪れないかもしれない。
それでもエルフと2人で生きていきたいから、今のところあたし達は、嘘を重ねながら、見えないつながりの糸を少しずつ少しずつ、人知れず、静かに紡いでいく。

それが、あたし達のやり方、だ。
お久しぶり☆


昨夜は、久しぶりに会うお友達とエルフと3人でお食事に行ってきました♪
どれも繊細で上品な味付けの身体に優しいお料理でとっても美味しかったーラブ
この日はコースを頼んだのでいただけなかったのですが、あたしもエルフも大好きな白子があったので、また近いうちに食べに行こうね♪と約束しちゃったのです(^^)

続きを読む >>
SATCな夜
昨夜は、中学の頃からの友人3人と約束していた新年会でした♪
珍しく幹事なあたしです。
我ながらすっごく人選ミスだと思うリーダーシップ0の個人主義なあたしですが、
美味しいと評判の良い中華料理屋さんに予約して、ま、一応任務を果たしました☆
気が置けない女友達と、杏露酒片手に美味しいコース料理をいただきながら、お仕事や情報交換やら勿論恋バナも弾むガールズトーク。
ちなみにあたしはクローゼットなので、専ら聞き役デス(笑)
いや〜、25歳ともなれば、いよいよ適齢期な結婚やら失敗談やらはたまた不倫なーんて話も出ちゃったりして、ピュアで夢見がちな乙女だったあの頃はどこへやら?なリアル話に花が咲くものです(^^)やっぱりガールズトークは楽しい!!!止まらない!!!
あたしは普段から30代というのをとっても意識していて、本格的なキャリアもエルフと暮らし始めるという意味での結婚も、人生プランとしては30代からなので、あたしにとって20代っていうのは、30代を輝かせるための勉強期間という意識が大きくてまだまだモラトリアムという感じなのですが、世間でみたら25歳っていうのも、やっぱり女の子にとって結構大きな曲がり角の時期だったりするのかなーなんて思ったりもしました。やっぱりね、なんか複雑なの。恋バナだけれど「恋愛」っていう概念だけでは語らないんだなー、みんな。
結婚とキャリアは両立するのかとか。子供は早いうちに産みたいけれどお仕事続けたいとか。まだまだ結婚なんて考えられないし、色々恋愛していたいわ!とか。理想の恋人を見つけるまで妥協はしないもん!とか。
みんな、頑張ってるのね、って思う。そして、そんな彼女達をとても可愛いって思う。
みんなからしてみたら、未だに合コン拒否なフリーなあたしは、きっとシャーロットみたいに青い感じに思われているんだろうけれど(笑)、実はあたしも、あと数ヶ月で付き合って6年目になる彼女と人生についてもちゃんと考えてるんだよー!なんてね♪(笑)
そんな想いはそっと胸にしまって、ザ・耳年増的(と、思われているだろう。笑)恋愛アドバイスを色々としてきちゃいました(笑)
ちなみに数日前はエルフが、セクマイの友人4人と久しぶり〜に飲み会で、近況報告なんかを色々としたみたいなんですが、「最近、彼女とどうなのよ?」と聞かれたエルフ、
「幸せすぎて、何にもネタ(喧嘩とか修羅場とか刺激的なこと)がないよ」と、ちゃっかりノロケてきたそうです(笑)
今までツンデレだと思っていたエルフ、意外や意外にデレデレなの?そうなの?(笑)

続きを読む >>
ストライクゾーン〜完全なる妄想日記〜
好みのボーイッシュなタイプでいえば、中性美が一段と引き立つようなギリシャ彫刻的な顔は、すごくストライクゾーンで、エルフなんかまさにそうなんですけれど。
逆にもし、フェム系の恋人だったなら、どちらかというと涼やかな目元で、ノーブルな顔立ちの女優さんが、ストライクゾーンなのです。
続きを読む >>
ピーーンチ!?
エルフは、ボーイッシュです。
本人自身は、自分の性別に違和感のある人ではないんですが、ルックスも性格も中性的なボーイッシュで、普段からよく男の人に間違えられたりしています。
あたしと一緒にいるときは、いつも以上に間違えられるらしく、
一人の時はちゃんとレディーとして扱われているらしい・・・デス?(笑)
そういうわけで。
先日の忘年会でも、会社の同僚の方々と行った飲み屋さんで、お店の方に、
「皆さんお揃いだと、なんかホストクラブみたいですねー」とエルフが居るのにも関わらず、全員男性だという思い込みでなんの躊躇もなく言われ(エルフの同僚の方々は割とイケメンズ揃いらしいです)、エルフが一人ウケて笑っていると、
「あら〜、こっちのカレ、すっごくウケてますよ〜!」とエルフの事を指して、エルフの上司に話題をふったそうなのです。
上司は「この人、女ですよ?」と、苦笑しながら訂正したそうなのですが。

それだけぢゃない!先週の日曜日も、ショッピングのキャッシャーで、後ろからあたし達に、ちょこっとぶつかってきた小さな子に対して、お母さんが一言。
「ホラ、おねーちゃんとおにーちゃんの邪魔しちゃダメでしょ?」

まだまだそれだけじゃない!
究極はエルフが、昔おじいちゃんのお見舞いに病院に行ったとき、
おじいちゃんと同じ病室に入院されていた隣のおじいさんからの素朴な質問。

「君はもう、徴兵検査は受けたのかね?」

「・・・いえ、受けてません(-_-;)」
時代も性別も、無茶苦茶ですぅ〜〜( ┰_┰)
なにひとつぴったんこカンカンありませぬ〜〜( ┰_┰)

と、いつでもどこでも男性に間違われがちな、おんにゃにょこ、エルフなので。
会社でのね、立場っていうか、プライヴェートもね、きっと同僚の人たちからは、
不思議がられている・・・のかもしれません。
皆さん何故か勝手に「エルフに彼氏はいない」と思い込んでいたらしいのですが(^▽^;)
いつだったか、エルフがしているラブリングの事を聞かれていちいち説明するのが面倒くさいので、エルフは、「付き合っている人はいるけれど、結婚するつもりはない」的なことを言ったらしいのですw( ̄△ ̄;)w 

一同ビックーーリ(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」
その事を小耳に挟んだらしい社長(エルフをすごく評価してくれていて、エルフに定年まで寿?退社してほしくない)から、エルフが結婚も寿退社もしないことを確認するために、わざわざ呼び出されたり・・・と、毎回こんな調子らしいのデス(;^_^A

職場の同僚には、プライヴェートは謎だけど付き合いやすいサバサバした人と信頼され、
上司からは仕事の出来る部下と大切にされ、それは本当に有難いことだけれど、
そのぶんだけみんなから注目もされるし、エルフも気苦労が耐えないようで・・・。

そんな中、今朝会社にいるはずのエルフからメールが来ました。

「○○さん(エルフの同僚)が、日曜日自分が女の子とデートしてるの見たって。車で擦れ違ったって。手つないでるのみられたかも・・・Σ(T▽T;)」

日曜日・・・確かに最近お引越ししたお友達のお家に、遊びに行き、そしてそのお友達のお家は○○さんが擦れ違ったという地域にありますデスガ・・・( ̄□||||!!

こ・・・これって非常〜に、微妙じゃないですか?
つ、つまりはこういうコト???

{(ボーイッシュなエルフ+ペアリング含め恋人居る宣言)−(彼氏居る気配)}
+{(結婚・退職しない宣言)+(女の子とのデート目撃)}=?



ANSWER   ビアン

FINAL ANSWER? YES!!!!!

・・・・・正解っ!!!!!O(≧▽≦)O

コワーイ!!!。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

「カ・・・カムしない限り、決定的な証拠にはならないから、だっ、大丈夫!はやまったらダメだよ!!!!(;`O´)o」
と、半落ちしないように極悪共犯者のような台詞で、エルフを励ましたフェアリーでした。

はぁ・・・心臓に悪いのデス(ノ_-;)