ハッピーエンド目指して只今カナダで修行中なへなちょこフェアリーのお話♪
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Beauty Mark

例えば愛し合った日の翌日、
少しずつ冷静さを取り戻していく肌とけだるさの残るシーツの間で、
おぼろげに揺れる蒼い記憶を行きつ戻りつしながら聴きたくなる。
胸元に咲く愛のしるしに少し戸惑いながら、幸福に浸りながら、ひとりで漂う朝には。

Beauty Mark




続きを読む >>
春のはじめのラブラぶらり旅
 週末はエルフとふたりで、春のはじめのラブラぶらり旅。
春のはじめというにはまだまだ寒い曇り空だったけれども、
やっぱりふたりでいるとラッキーなのか、今にも泣き出しそうな空に濡れることもなく。
春の訪れを告げる、新しい命や美しい草花に出会って。
美味しい食べ物や可愛いものに笑顔になって。

気がつけば、
甘酸っぱくて、恋しくて、優しくて、ドキドキする、いちごのような恋を知って、
一緒に居てこんなに楽しくて、こんなに穏やかで心安らげて、春の木漏れ日のような恋をして、
もうすぐ丸7年。

旅をしている間、心から「幸せだなぁ」って、思っていたんだよ。


続きを読む >>
Happy Birthday To Me
 なかなか風邪ひかないなーと思っていたら、
日頃の行いのせいか、まさかのお誕生日直前にちゃっかり?しっかり?うっかり?風邪菌プレゼントBY どちら様だー!?(絶叫)と、過ごしております。

そんな中、中川財務相の泥酔しどろもどろ会見が世界中に配信されたり、
その一方で、村上春樹氏のイスラエル空爆批判@エルサレム賞授賞式という、ペンは剣より強しを体現するようなメッセージが世界中に流れたりと、
「日本人としての恥と名誉(こういう言葉嫌いだけど)」というか、
ま、悪態ついてみたり、久しぶりに素直に「日本人として誇りに思うわ」なんて思ってみたりしているお誕生日です、はい。
えーと、なにがいいたいかというと、「世の中悪いこともあればいい事もある」かな?(軽!)

で、とりあえず、私事のいい事といえば、
エルフから素敵なプレゼントをもらったことかな?






2代目ipod

        &

ドイツはホーナー社の
ブルースハープ、
ゴールデンメロディー





ふたつとも情熱的な赤が素敵なカワイコちゃん。

今年のバースデー・プレゼントのコンセプトは、MUSICかしらん♪
高橋歩の影響のかほりがぷんぷんするのはご愛嬌(笑)
旅をするときに、色んなシーンを見ながらそのシーンに合った音楽を聴くのも素敵だし、
でも、そのシーンに合った音を自分の心から奏でることが出来たなら、もっと素敵。
ついでにそれでそれで、言葉の通じない人達とも心が一瞬にしてつながったなら、もう最高!
ダニエル・バレンボイムとかね、音楽の力って、言葉と同様に在るって、どこかで信じてる。
何人でもない、何教徒でもない、何主義者でもない、「人間」に直接訴えかけてくるパワー。
だから、沢山音楽を聴こうと思う。
そして、いっぱい練習をしようと思う。

そして、エルフね。
視野を広げて、いろんな人と出会って、自分の思想信条にいつか辿りつくことがあったとしても、
まずは一番身近にいるあなたを笑顔にしないと意味がないと思うのです。
エルフが、いつもあたしを笑顔にして、心にPEACEを与えてくれるように・・・ね。
だから、ありがとう。
そして、愛してる。

風邪っぴきだけれど、最高のバースデーになったのは、他でもないBYエルフです
Happy Valentine's Day
 

今年のバレンタインは、定例のトリュフに加え、いちごのタルトを作ってみました。
エルフがトリュフをひとつほおばって、にっこ〜りするのを見るのがすき。

そんな今年のバレンタイン、ランチをしていると、
あれ?なんか食欲ない・・・。
それに、体がなんだか痛いよ〜!
はい・・・あたし、見事に今年初の風邪っぴき・・・(;´Д`)
エルフを癒すつもりが、しっかりエルフに心配をかけ、看病されてしまったのでした・・・うぅ(泣)
でもエルフの愛のおかげか、いつもは長引くあたしの風邪も、今回は軽くで済みそう!
ありがとうね、エルフ。

そんな優しいエルフ、会社の同僚の女の子から
「バレンタインのチョコあげましょうか?」と言われたらしい。

エルフ 「いや〜いいよ〜、そんなのめんどくさいし〜」
女の子 「でもお世話になってるし・・・ってゆーか、エルフさんってチョコあげたことあるんですか?」
エルフ 「あるよ〜(嘘?)」
女の子 「でも、あげるよりもらうことの方が多かったんじゃないですか〜?」
エルフ 「あはは

そんな彼女、同性愛とかは全くもって理解できないらしい・・・(苦笑)
歩くカミングアウト?なエルフを目の前にして、ハッキリそう断言しちゃえる彼女。
すんごーい鈍感さんなのか、はたまた予防線なのか!?(笑)

いずれにせよ、ストレートの人もゲイの人も、みんながイッパイの愛にあふれる日であって欲しいね。
Happy Valentine’s Day
de petits bonheurs sont aux petits bonheurs
  
                      

 久しぶりに会った親友とはいった
 カフェで頼んだアイス・カフェ・ラテ・フロートが
 予想外の大きさで美味しかったり。
                    


 その親友から特別な日でもなんでもないのに、
 突然素敵な香りのするアロマ・キャンドルを
 プレゼントされて、
 とっても嬉しかったり。









 最近、毎日お料理をしている。
 生きるのに必要な食を作りだすということ。
 知り合いのオーストラリア人のアーティストが
 「料理は、音楽と一緒で、宇宙を創りだす事なんだよ」
 と言ってた言葉に感動してみたり。






 お肌の気になるお年頃(苦笑)
 最近話題の韓国コスメ「BBクリーム」に
 ついつい手を出してしまったり。
 でも「美しくなりたい」という気持ちは
 大事にしていたいと自分に活をいれてみたり。





 カップル友達のお家で飲み会。
 お友達へのバースデー・プレゼントは、
 小さなヘリコプターの室内ラジコンbyエルフの一押し(笑)
 早速飛ばしてみようと、
 ヘリコプターがお部屋の中をくるくると旋回しはじめた途端、
 「わあぁぁぁぁ♪」と、子供みたいにはしゃぐ
 大人4人の無邪気さが、
 なんだか微笑ましかったり。



小さな幸せを見つける幸せ。

そういえば、エルフと一緒に居ると、
なんでもなーい事が、お腹かかえるくらいに可笑しかったり。
なにげなーい一言に、ドキッとさせられちゃって照れてしまったり。

De petits bonheurs sont aux petits bonheurs
小さな幸せは、あてずっぽうに在るもの
続きを読む >>
子供番組!?百合界のカリスマ・はるみち

スピーチの際恋人役の子と役作りをするにあたって、ふとセーラームーンに出ていた2人のキャラ、
男装の麗人セーラーウラヌス・天王はるかと、お嬢様な美女セーラーネプチューン・海王みちるの感じはどう?という話になり、〇年ぶりかに見てみました。

美少女戦士セーラームーン

えぇ、何を隠そう・・・あたし達おもいっきりセーラームーン世代なのです!(爆)

そういうわけで、なんか百合っぽいキャラがいたよね〜程度の無防備で淡〜い子供時代の記憶を頼りに、なんとな〜くセーラームーンを再び見てみることにしたわけなのですが・・・。






 見てみて、ビックリ


 お口、ぽっか〜ん


こ・・・これ、子供番組だったよね!?・・・いいの?いいの?こんなのいいの〜!?きゃ〜な展開に、
恥ずかしながら、ワタクシ、まさかのキュン死
だってだって予想の斜め上を更に急傾斜で爆走しちゃうくらいの、はるかとみちるの愛の劇場

セラムン観ていた頃って、あたしはちょうど淡い初恋を迎えるくらいの頃で(相手はやっぱり女の子)、
なんとなく、はるかとみちるの関係にドキドキしながらも気づいていたと思うんだけれど、
でもでも、あの頃はそこまで深読みはしなかったというか、サラリと受け流してたいた台詞も多かったんだもん!

それなのに。あれから十何年・・・ピュアというより大人の階段を登ってそれなりに汚れてしまった今。
流せない!流せないのよ〜!(笑)
いや〜セラムンすごいです。これが土曜日ゴールデンの子供向け番組だったなんてある意味怖い!

と、すっかりセラムン再燃してしまったあたしだったのですが(笑)
それもそのはず、ちょこっと調べてみると、天王はるかと海王みちるって、

百合界のカリスマ

と呼ばれるくらいに、百合界では有名なカップリングだったのですね!納得!
ちなみに、専門用語で「はるみち」とか「みちはる」とかあるらしい・・・詳しくは語りませんが(苦笑)

90年代大ヒットしたアニメだけあって、世界中に配信されていたセラムンですが、
当時まだメディアにおける同性愛に対してシビアだったアメリカでは、はるかとみちるの関係を、恋人ではなく従姉妹として放映していたみたいで、アメリカのファンの間では結構物議を醸し出していた模様。


きゃー!今となっては深読みしちゃう名台詞のオンパレード(笑)
この他にも
「今夜は帰さない」だの「大人のほうが楽しいこと沢山あるのにね」だの、
「みちる・・・僕を置いていくなよ」だの、
子供の頃はなーーんでもなかった台詞が大人になると、もう・・・やんみたいな台詞が沢山あるんです・・・恐るべし、はるみち♪(笑)

でもね、一時的に預かった赤ちゃんをはるかとみちるが切なそうに返しに行くシーンとか、
「このまま親子3人で暮らすのもいいかも」と冗談にならない冗談をいうシーンとか、
なんていうか、ちょっとしたリアルを感じたりもしちゃう場面もあったりして・・・うん。

はるかとみちるって、すごーく素敵なカップルだって思うな。
お互い思いやって支えあって愛し合って、とても強い絆で結ばれていて。

ピュアだったあの頃を遠く感じながらも、あたしも大人になったもんだと実感しつつはまってしまいました、セラムン再び。



さすがに百合界のカリスマ(笑)はるみち、素敵すぎです

演技と逆転する視点

スピーチ・パフォーマンスが無事終りました。
毎朝早起きをして、毎日終電で帰る、そんな生活の中で、
慣れないながらも演技や表現をすることと、真正面から向き合う日々でした。
相手役の子と、かつてあの蜷川幸雄氏の下で演出助手をしていた方の演技講座を受講してみたり!
感性を磨くために、コンテンポラリー・ダンスを観に行ったり!
それと同時にカナダに出すリサーチ・プロジェクトの論文も書かないといけなかったりで、
とても忙しく、久しぶりに目の下にクマなんぞを作りながらでしたが(苦笑)、
本当に刺激的で楽しい時間でした!

演技なんて多かれ少なかれ、人間誰しもが社会においてロールプレイという社会的義務のようなものの中でしているものだ・・・と思っていたアサハカなあたし(苦笑)
とんでもない間違いでした。すみません!
演技って、とってもムツカシイ・・・。
普段は何気なくしている行為ひとつひとつも、ひとつの演技として表現するためには、
論理性と感情、あらゆる想像力と可能性、主観と客観の狭間を行きつ戻りつしながら、
磨いて磨いて、凄まじい集中力とエネルギーを使うものなんだということを今更ながらに実感。
面白いのは、虚構の役を演じることで、より自分自身との新たな出会いや発見があったり、
深く自分を抉ることができたりすること。

あたしはいい意味でも悪い意味でも、「我」というものが強いので、なかなか演技ができずに、
自分自身に終始してしまいがちだったのですが(笑)
それでも、ほんのちょっとだけ台詞が台詞じゃなくなって、自己から解放される瞬間があったりして。
ストイックさの果ての解放感が気持ちいいっていいば、これがなんとも気持ちいいっていうか。
言葉を探るのと同じで、演技を探る過程が、すごく面白いと思う。
ちょっとはまってしまいそうなくらいに。

舞台で演技をするという機会なんてなかなかないので、
自分のやりたい事をおもいっきり詰め込んでしまおう!という感じの舞台だったのですが、
ロマンティックなジャズ・ナンバーをいっぱい使って、ダンスも取り入れて、台詞も凝って、
フランス映画ぽい舞台が出来て、ラストなんてハットで隠しながらのキス・シーンなんてしちゃって、
よもや「政治」なんてダーティーな要素はいずこへ!?というくらいにロマンティックな舞台にして、
お客様からの反応も、「くすくす♪」と、すこぶる楽しんでもらえたので、本当に大満足でした。
相手役の子なんて、ファンがつきそうなくらいに、キザ〜な仕上りになっていて、
あたしのサル芝居が申し訳ないくらいでした(苦笑)
そうそう!賞も取っちゃったんだった☆←楽しすぎて、賞の事などどうでもよかった2人でした(笑)

見ながら見られ、見られながら見、それでいて魅せなくちゃいけないという・・・。
これまで「自分が自分でありさえすればいい」と思っていたあたしですが、
「他者から見られる自己」という視点から逃れることなどできないという当たり前の事実に改めて気がついた、素敵な日々でした。

エルフの抱負あたしのフェチズム
 新年には毎年の抱負を決めるものの、
大抵毎回同じような目標になってしまうあたしたち。
エルフなんて、ここ6年くらい毎年「体力づくりに励む」ですからね〜(苦笑)
そんなわけで、今年はもうエルフに新年の抱負を聞くのはやめよう!と固く決意していたあたし。
ところがどっこい!

「今年こそは、新しい抱負にしたんだ!」と、エルフさん、ニコニコ顔。
我が(年上の←これは余計?)彼女ながら、きゃ・・・きゃわゆい♪
あはっ、新年早々すみません(^。^;)

「今年はね、お洒落する!シンプルでカッコイイ感じを目指す!」
ほ〜、そうきましたか!(^^)
ちなみにエルフは、普段からとってーもシンプル派で、持っているお洋服はほとんどモノトーン。
なので、ひどーくハズすなんてことはあまりないのだけれど、
でもどちらかというと地味で、毎回同じような印象になるのは否めません。
って、あたしもですが(笑)
でもエルフの場合、他人の目とか、実は色々気にしているんじゃないかなって思うのです!
首元が開くお洋服は嫌がるし、胸が目立たないように大きめサイズしか選ばないし。
ほとんど街では、男性に間違えられているエルフ。
この前なんか温泉に入る際に、受付のおばさんからロッカーの鍵を渡される寸前、
「女性ですか?」と聞かれ
「はい」と答えたところ
「本当に女性ですか?」と、疑いの眼差しで確認までされてしまったくらい(苦笑)
ボーイッシュというより、ボーイって感じになっちゃってるのかも!?

で、アタクシ、彼女として思うわけなのです。
他人の目を気にせず、首元開けたり、タイトなお洋服を着たらいいのにーって♪
こうボーイッシュなんだけれど、でも中性的でどちらかというと男装の女性ってかんじに見えるくらい。
男の子に間違われるんじゃなくて、あくまでダイクなかんじ?
あと、エルフは性格的に「キザっぽくなるのはやだ」と言って、あまり小物をつけないんだけれども、
ネクタイとか、マフラーとか、革紐ペンダントとか、首元を露出しつつ小物をうまくつけて、
シンプルなお洋服にアクセントをつける感じがいいかなーって思う!
女性らしいタイトなトップスにネクタイとか革紐とか、超セクシーでたまらない〜♪
って、かなりあたしのフェチズム語ってしまってるやないかーい!?(爆)
いやはや、お恥ずかしい(*ノノ)キャ♪

というわけで、
2009年の今年、男性に間違えられがちなエルフを、ちゃんとオンナノコでダイクな感じに
大変身させちゃおうかしら〜?と密かに思っているあたしです♪
フフフ・・・( ̄m ̄) 

続きを読む >>
A Happy New Year & Bonne annee

                                                                   

 A Happy New Year

             &

      Bonne annee



 あけましておめでとうございます

 今年もどうぞよろしくお願いいたします



     fairy & elf    2009.1.1


   

よいお年を。
 気がつけば、2008年もあと僅か。
2008年・・・なんだか、あまり明るい年とはいえない年でしたね。
100年に一度の大恐慌とか。年末のイスラエル軍のガザ空爆とか。
なんだか世界が不穏なかんじ。
来年は、もっと優しい年になればいいけれど。

去年の日記を読むと、2008年はあたしにとって『種子』の年だと書いてあるのですが、
今年は結構そのことを意識して過ごした日々でした。
『種子』は、将来に向けて、新しい種を蒔く年。物事を開始する年。
占いとかは都合のいいとこどりしちゃうタイプなあたし。
今年はふとした瞬間にそのことを思い出して、前向きにできたこともあったので、
信じる、信じないは別として、何かしら心構えみたいなものにうまく活用するのはいいのかもです。
今年は、確かに種を少しは撒けたんじゃないかなー。
出会えた仲間とか、フランス語とか、スピーチとか、将来へ向けてのひとつひとつのこととか。
将来につなげていこうと思えることに、沢山出会えたような気もします。
反省点もいっぱいあるんですけれどねぃ。
ブログもなかなか更新できなくって、そのぶん自分自身と向き合う時間が足りなかったかなー、とか。
自分の子供っぽさとか、弱さとか、自分の殻とか。
普段だったら、なんとかサラリと流して、うまくやり過ごしてきた部分を、自分自身の中に感じつつ。
来年は、そういうとこに向き合いながら、少しずつ大人の肩の力のぬき方?というか、
本当の意味での自信というのを、身につけていきたいと思っています。

そんな来年はというと、『緑生』という年なのです。
今年蒔いた種が、大地に根をはり、ぐんぐん成長する年とのこと。
でもまだひ弱な芽なので、油断することなく、大事に芽を育てなきゃらしい。
ということで、毎日を着実に、継続は力なりで、頑張っていこうと思う2009年です。
そういうひとつひとつの積み重ねが、小さな自信になるのだということを信じつつ。


今年は、いい事も、家族の健康不安とかちょっとした心配事もあったりと、
なんだかフクザツな気持ちになってしまう年だったのですが、
いつもエルフが隣に居てくれて、優しく見守っていてくれて、
前に進むパワーを沢山もらった年でした。どうもありがとう。
来年は少しずつでも、返していけたらいいなーって思ってます。
(でも、エルフってなかなか崩れたりしないからなぁ。笑)

そして皆様。
更新の滞りがちだった、このへなちょこブログに今年も沢山遊びにきていただいて、
本当にありがとうございました。
来年は、もちょっと更新しようと思う所存でございます!
ので、来年もよろしくお願い致します♪
それでは、よいお年をお迎えくださいませ。